誰でも分かるレーザー加工

レーザー加工による材料別影響について

投稿日:

今回は鋼材の鉄について、レーザー加工で及ぼす影響に触れていきます。。前回、前々回のブログでレーザー加工のメリット、デメリットについて触れてきましたがレーザー加工において材質によっても注意すべき点があります。

鉄は加工しやすくな様々なものに使われている一般的な金属です。ごく薄い板厚から数十mmの板厚まで豊富に揃っており、幅広い用途で使用されています。塗装やメッキ、表面処理鋼板などを使うことで鉄のデメリットでもある錆びやすさをカバー出来ます。

※弊社では豊富に材料を取り揃えており強みである短納期が対応に可能になっています。様々な板厚にも対応しておりますので、詳しくはホームページの加工可能材質をご参考にして下さい。

しかし、レーザー加工ではレーザー特有の現象で穴がテーパー状になってしまいます。テーパーとは、加工面がすり鉢状になっている状態で、板厚が厚くなるほど差が広がる傾向があります。

この差を無くすためには、ドリルやリーマーなどを使った追加工が必要です。また金属板金の打ち抜き加工に使われるタレットパンチプレスに比べると熱による変形や反り(長いものは特に注意が必要)が出る恐れがあります。

今回は鉄について、簡単に説明させていただきました。メリット、デメリットはありますが弊社の強みを最大限に活かし対応させて頂きます🙇‍♂️

-誰でも分かるレーザー加工

執筆者:

関連記事

no image

短納期だけではない!! シムプレート1枚から製作できます!

シムプレートとは、機械加工や組立等でできてしまう誤差を調整する プレートの事です。 スペーサー、ライナーと呼ばれる事もありますがどちらかというと 厚板で用いられることが多いようです。 弊社では微細加工 …

no image

非鉄の加工注文も増えてます!

弊社は鉄、ステンレスのレーザー加工がメインですが、 アルミ、銅、真鍮、チタン等の非鉄の素材の注文も 増えてます。 【銅t1.0】   昨今のコロナ禍の影響もあり 屋外でのキャンプブームにあや …

燕三条ものづくりメッセ2023の裏話 ~ほろ苦い苦労話~

    10月26・27日の2日間にわたり開催された燕三条ものづくりメッセ2023の裏話を少しお話させてください😊   今年の燕三条ものづくりメッセ2023は、新型コロナ …

0.01t~レーザ-加工可能です😲!!

  弊社では、0.01t~切断可能な微細加工用ファイバーレーザー加工機を所持しております😊✨ ご注文頂いている製品の多くは、機械調整用に使用されるシム製品となっております。 シムの用途は、産 …

シムのご依頼大歓迎です!

当社、シム関係のご依頼をたくさん頂いております。 シムにも沢山の形状があり用途も様々です。 当社自慢のレーザー加工機で様々な板厚、材質、形状が加工可能になっております。 試作品や小ロット、もちろん一枚 …