誰でも分かるレーザー加工

ファイバーレーザーとCO2レーザーの違いについて

投稿日:2024年3月22日 更新日:

前回はファイバーレーザーについて説明させていただきましたが

今回はCO2レーザーの説明とCO2レーザーとファイバーレーザーとの違いについて説明させていただきます。

 

CO2レーザーは、レゾネーター、パージガス、および高速ブロワーの組み合わせを使用して、互いに衝突する高出力の光粒子を生成し、比較的簡単に厚い材料を切断できる高強度の光を提供します。

 

一般に、CO2レーザーは、対応するファイバーよりも費用効果が高い傾向があります。ただし、初期費用が低いからといって、経済的であるとは限りません。CO2レーザーは多くの電力を消費するため、運用コストが非常に高くなる可能性があります。

 

それでは各項目からCO2レーザーとファイバーレーザーの違いについてみていきます。

 

 

1 –エネルギー源

ファイバーレーザーはLEDを使用して光を放射し、光を増幅して結果を出す光ファイバーレンズによって集光されます。一方、CO2レーザーは、CO2、N2、Xeなどのガスの混合物を刺激して、さまざまな物体を簡単に切断するために強まる波を生成します。

 

 

2 –消費電力

ファイバーレーザーは非常に効率的です。CO2に比べて、ファイバーレーザーの消費電力は30%少なくなります。つまり、より迅速に、より少ないリソースで作業を行うことができます。

 

 

3 –光の波長

CO2レーザーとファイバーレーザーはどちらも赤外線スペクトルで動作します。一般に、CO2レーザーは10,600 nmの波長を放射しますが、ファイバーレーザーは780〜2200nmの範囲で放射します。

 

 

4 –切断速度

より薄いワークピースに関しては、ファイバーレーザーははるかに優れた切断速度を提供します。一般的に、2KWファイバーレーザーは5または6KWCO2レーザーと同じ速さで切断します。この背後にある主な理由は、ファイバーレーザーの出力密度です。光学システムは、単一のスポットに多くのパワーを効率的に集中させ、CO2レーザーよりもはるかに優れた切断速度を提供します。

 

 

5 –カット精度

正確な安定性と精度について言えば、ファイバーレーザーの方が優れています。ただし、製造部門では精度には別の側面があり、エッジの滑らかさを扱います。その点で、CO2レーザーの性能ははるかに優れています。

 

 

6 –切断範囲

ファイバーレーザーマシンは、金属シートに関しては、全体で13mmの切断範囲があります。アルミニウムのような柔らかい素材を最大30mmまで切断できる強力なバージョンもあります。

一方、CO2レーザーは、その出力レベルによってのみ制限されます。ワット数に応じて、CO2レーザーはさまざまな幅を簡単に切断します。

 

 

 

それぞれのレーザーの特徴を比較してみましたが、当社では材質、板厚によりトルンプや三菱などの加工機を使い分け、高品質かつ短納期にて対応しております。

 

試作の一枚からでも対応しておりますので、お気軽にお問合せ下さい!

 

-誰でも分かるレーザー加工

執筆者:

関連記事

no image

レーザー加工とは?

今回は、レーザー加工がどのようなものか簡単に説明します! 子どものころ、太陽の光を虫眼鏡で集めて、紙を燃やす実験をしたことはありますか?🤔 レーザー加工も原理はすごく似ています。💁   パワ …

no image

燕三条ものづくりメッセ2023苦労話 ~営業編~

先月に引き続き、燕三条ものづくりメッセ2023の裏話です。 今回は企画運営に携わった営業に話を聞きました😄   ✿来場者の目を引くブースデザイン、一目見て何をしている会社なのか分かってもらえ …

0.01t~レーザ-加工可能です😲!!

  弊社では、0.01t~切断可能な微細加工用ファイバーレーザー加工機を所持しております😊✨ ご注文頂いている製品の多くは、機械調整用に使用されるシム製品となっております。 シムの用途は、産 …

レーザーの語源 

こちらのブログでは レーザー加工について各担当が様々なことを書いていていきます。 どうぞよろしくお願い致します!!   さてさてまずは レーザーの語源は知っていますか? Light      …

no image

非鉄の加工注文も増えてます!

弊社は鉄、ステンレスのレーザー加工がメインですが、 アルミ、銅、真鍮、チタン等の非鉄の素材の注文も 増えてます。 【銅t1.0】   昨今のコロナ禍の影響もあり 屋外でのキャンプブームにあや …